アースナビ

  • ごあいさつ
  • 技術紹介施工ご検討
  • 会員専用
  • 関連資料
  • 協会員
  • NETIS認定登録番号
NETIS認定登録番号


製品情報


Sリードとは

  • Sリードは光ファイバジャイロを利用して地中の方位を静的に計測します。これと発進坑で計測する推進距離をもとに幾何学的に現在位置を計算します。
  • 地上/地中障害物の有無に左右されずに高精度な位置計測をおこなうことができます。
  • 計測した現在位置をもとに、掘削を進める上で必要な情報をシュミレーションしオペレータをサポートします。
  • 検出した位置情報はレーザスポットなどの他の計測手法と併用することができます。
  • Sリードは、(公財)鉄道総合技術研究所と(株)ジェイアール総研情報システムが鉄道車両計測技術を応用して開発した新しい地中での位置計測システムです。



外観図


Sリードは掘進機の施工方式および管径に合わせて製作します。掘進機の構造によりレーザターゲットの前方に装着するものと後方に装着するものの2種類があります。
分離型はレーザ光を通過させるため分割型になっています。

  • 一体型は適用管径 φ 250 から製作可能です。(外形寸法 240 w × 220 H × 430 L)
  • 分離型は適用管径 φ 400 から製作可能です。(外形寸法 440 w × 225 H × 320 L)


Sリード 一体型 レーザ非通過 Sリード U型 レーザ通過            

Sリードの機能

  • Sリードは、予め設定した路線情報(誘導計画線)に沿って掘削機を誘導するための、掘削機位置推定装置です。
  • グラフィカルなCADを模した画面上で掘削機の位置を確認でき、掘削オペレータを支援する機能が色々用意されています。


  • Sリードによる掘削機位置推定計測は、通常は管1本推進毎に行います。
  • Sリードの操作方法は、協会に所属する各施工会社の掘削オペレータの意見や要望を反映したものとなっており、
  • メインの画面は図.1のようにシンプルなものとしています。
  • 掘削機の現在位置は、図.2のように画面表示されます。この画面では、掘削オペレータを支援する各種機能も備えています。

  • Sリード画面1
    図.1 Sリードのメイン操作画面

    Sリード画面2
    図.2 Sリードの結果表示およびシミュレーション画面

    用意されているシミュレーション機能一覧

  • 修正操舵量予測シミュレーション
  • 掘削機先端位置予測シミュレーション
  • 次回計測結果予測シミュレーション
  • 到達位置予測シミュレーション




  • 中口径用Sリードでは、図.3のように管内測量結果の計算および履歴管理用のシステムも備わっています。

  • 管内測量システム
    図.3 管内測量結果計算および履歴管理

  • 戻る