アースナビ

  • ごあいさつ
  • 技術紹介施工ご検討
  • 会員専用
  • 関連資料
  • 協会員
  • NETIS認定登録番号
NETIS認定登録番号


製品情報 Sリード


概要

  • 光ファイバジャイロにより検出した角速度から計算した方位角と管推進距離から掘削機の位置を推定する装置です。
  • 本装置は掘削機の先導管とは別に用意した本装置取付済みの専用管を搭載する方法と、
  • 掘削機内に直接設置する方法の2種の取付方法があります。現在までに150件以上の施工実績があります。
  • Sリードは、(公財)鉄道総合技術研究所と(株)ジェイアール総研情報システムが鉄道車両計測技術を応用して開発した新しい地中での位置計測システムです。

Sリード 一体型 レーザ非通過 Sリード U型 レーザ通過
           

Sリード コンソールボックス
           
Sリード コンソールボックス
           

コンソールボックス設置

           
コンソールボックス設置の様子
           

特徴


  • ・光ファイバジャイロにより検出した角速度から方位を計算します。
  • ・掘削オペレータの意見やアドバイスを参考にした、計画線と対比した分かりやすい計測結果表示方法を採用しています。
  • ・掘削機の進路予測や操舵のシミュレーション機能など、若年世代に受け入れられやすいゲーム感覚要素が搭載されています。
  • ・過去の施工実績から統計的に分析した結果から、推進施工における掘削機の横滑りを推定して補正する機能が搭載されています。
  • ・計測結果をタブレットやスマートフォンなどのWeb画面上で確認することができる「モニタリングサービス」もご用意しております。


外観図


Sリードは掘進機の施工方式および管径に合わせて製作します。掘進機の構造によりレーザターゲットの前方に装着するものと後方に装着するものの2種類があります。
分離型はレーザ光を通過させるため分割型になっています。

  • 一体型は適用管径 φ 250 から製作可能です。(外形寸法 240 w × 220 H × 430 L)
  • 分離型は適用管径 φ 400 から製作可能です。(外形寸法 440 w × 225 H × 320 L)



Sリードの機能

  • 掘削オペレータの意見やアドバイスを参考にして、可能な限り簡単な操作で計測を行えるように工夫しました。
  • 基本画面上では、計画線(Sリードでは「誘導計画線」と称します)からの離れ量を確認することできます。
  • また、CADを模した別の結果表示画面では、掘削機の各部における位置関係やオペレーションを支援するシミュレーション機能を使用可能となっております。
  • Sリードによる掘削機位置推定計測は、通常は管1本推進毎に行います。

  • Sリード画面1
    Sリードのメイン操作画面

    Sリード画面2
    Sリードの結果表示およびシミュレーション画面

    用意されているシミュレーション機能一覧

  • 修正操舵量予測シミュレーション
  • 掘削機先端位置予測シミュレーション
  • 次回計測結果予測シミュレーション
  • 到達位置予測シミュレーション




  • 計測結果のWebモニタリング

  • Sリードは、計測に関するデータをクラウドサーバに転送して、
  • Webブラウザが搭載されているPCやタブレット、スマートフォンなどでモニタリングすることが可能です。
  • 現場の状況を会社事務所や出かけ先で簡単に確認することができます。
  • Webモニタリング模式図
    計測結果のWebモニタリングイメージ
               

    施工実績数の推移

  • 下の図に示すように、2012年から使用開始されて2020年までに150件以上の施工実績があります。
  • 2020年までの施工実績は小口径の施工がほとんどを占めておりますが、今後は安全確保に向けて中口径施工での使用が期待されております。
  • Sリード施工実績数推移"
    Sリード施工実績数の推移
               
    戻る